進化から理学療法を考える 姿勢発達研究会のブログ

問い合わせ・講習会申し込みはこちら http://sinka-body.net/

問い合わせ・講習会申し込みは sinka-body.net  まで

動作を3次元で考える

教科書など平面の紙上で考える場合、前額面や矢状面などの正面や真横からの動きだけを考えてしまいがちです。

 

屈曲、伸展、外転、内転などの表現は地面に対して垂直・平行な動作だけを考えています。

しかし、生物は本来直線状の動きをするために作られてはいないので、屈曲や伸展という動作は本来存在しません。

 

生物が本来どのように考えて作られているかは、関節の形状を見れば分かります。

 

関東・関西にて講習会随時実施中
詳しくはこちら