進化から理学療法を考える 姿勢発達研究会のブログ

問い合わせ・講習会申し込みはこちら http://sinka-body.net/

問い合わせ・講習会申し込みは sinka-body.net  まで

3D骨格モデルで考える、股関節の自由度はゼロの理由(骨格デザイン編) 

f:id:sinka-body:20160716224557j:plain

 

すでに講習会に来ていただいた方にはおなじみですが、ヒトの関節は全て自由度ゼロです。

今回は、『屈曲』『伸展』などの一般的なROMを行うとき、関節はどのような動きをしているのか?を3Dデータを使って解説しました。

実際シュミレーションしてみると、『股関節屈曲』などの教科書に載っているROMを行うと大腿骨が骨盤にめり込んで大ケガになってしまいます。今回は3DCGモデルを利用しましたが、普通の骨格標本でも同様の動きになるので、試してみてください。

 

 

 

 

これだけだと言葉足らずで理解しにくいかと思いますので、今後は物理や進化からさらに踏み込んで解説していきます。また、治療への応用法も動画にしていきたいと思います。

 

 

 

 

 関連記事

 

sinka-body.hatenablog.com

 

 

sinka-body.hatenablog.com

 

 

sinka-body.hatenablog.com

 

 

 

 

 

関東・関西にて講習会随時実施中です

詳しくはこちら

sinka-body.hatenablog.com