進化から理学療法を考える 姿勢発達研究会のブログ

問い合わせ・講習会申し込みはこちら http://sinka-body.net/

問い合わせ・講習会申し込みは sinka-body.net  まで

100年に一度の天才の凄さは『普通』であること。シルヴィ・ギエムの秘密に迫る 第3回

前回、前々回のまとめ

  • 股関節だけで180度開脚は不可能
  • 一見まっすぐに見えるギエムの体幹は大きく動いている 

つまり、ギエムのシックスオクロックは股関節だけでなく体幹の運動に秘密がありそうです。

 

 

 

ギエムの股関節はどうなっている?

 

股関節の形状は人によって大きな個人差があります。誰にも真似できないポーズのできるギエムの股関節はどんな形状をしているのでしょうか。

f:id:sinka-body:20170413220544p:plain

 

骨格に無理のないポーズの予想

また、長期間大きな怪我もなく現役を続けたギエムは骨格に無理のないポーズをしていると予想されます。そうなると、ギエムのポーズは関節の可動域に無理のかからない範囲での運動ではないか?という仮説が立ちます。

ですが、無理のない股関節外転は45度までと言われています。

180度開脚をするには股関節をさらに90度以上 外転しなければいけないのですが、そんなことは本当に可能なのでしょうか?それとも、ギエムは一般の人では到底耐えられない無理なポーズをしているにも関わらず怪我をしなほど強靭な軟骨や靭帯をもっているのでしょうか?

 

ということで、ここまでの考察を踏まえてギエムの姿勢を骨格モデルで再現してみました。

f:id:sinka-body:20170413223540j:plain

使用した指標

ASIS→骨盤の傾斜 内転筋→骨盤の回旋と前後傾 第10肋骨→腰椎の回旋 胸骨→胸椎の回旋 足底→股関節の回旋 膝と肩の位置関係(青線部)

 

f:id:sinka-body:20170413224718j:plain

今回は主に前額面での分析であり、まだ考察しきれていない部分はありますが、大まかにこのような姿勢になっていると予想されます。一見、関節にとても無理がかかっていそうなアクロバティックな姿勢です。

 

 100年に一度の天才は股関節も特殊な形をしている?

では、このポーズの股関節はどうなっているか見てみましょう。

100年に一度の天才といわれたギエムのポーズを、どこにでもいるような一般人の骨格で再現したら、きっととてもむちゃくちゃな姿勢になるに違いありません!

 

というわけでこちらが平均的な股関節の形状でシックスオクロックを再現した骨格モデルの股関節部分の拡大図です。

f:id:sinka-body:20170414122727j:plain

あれ?

確かにすごい角度です。ですが、大腿骨頭は臼蓋にきちんと嵌っています。

もっとこういうの↓を想像していたのですが。

f:id:sinka-body:20170414123310j:plain

f:id:sinka-body:20170414121233j:plain

ギエムのシックスオクロックは世界中の誰にも真似できない姿勢であるにも関わらず、骨と靭帯を考えた場合には股関節に負担のかからない、安全な肢位だという結果になりました。

 

ギエムのすごさは『普通』であること

以上の分析から、ごく一般的な股関節の形状が実は、ギエムのシックスオクロックを行うために最も合理的であるという結果が導き出されました。おそらくギエムの股関節は頚体角130度、前捩角30度のごくありきたりな形に近いと予想されます。

つまり、シックスオクロックは骨格的には誰でも可能なポーズです。骨格的には。

ですがギエムのシックスオクロックを完璧にコピーした人は(おそらく)いません。これはどういうことでしょうか。

 

 

次回はギエムのすごさを支える骨盤と平衡感覚について考えていきたいと思います。

 

 

 

これまでのギエムシリーズ

 

sinka-body.hatenablog.com

 

 

sinka-body.hatenablog.com

 

 

股関節の可動域や安全なストレッチについてはこちら。

 

sinka-body.hatenablog.com

 

 

講習会もやっています。

 

sinka-body.hatenablog.com

 

 

sinka-body.hatenablog.com