進化から理学療法を考える 姿勢発達研究会のブログ

問い合わせ・講習会申し込みはこちら http://sinka-body.net/

問い合わせ・講習会申し込みは sinka-body.net  まで

中枢系を理解するためのボディワークセミナーin埼玉

今回は少し変わった形式の中枢系セミナーを予定しています。

 

無料セミナーご招待のお知らせ

本セミナーでは、様々なボディワークを通じて中枢系疾患への理解を深めてゆきます。

このボディワークを事前に体験し、シェアしてくれる方を探しています。

日時 2018年1月18日(木) 17:00~20:00

場所 杉並区区民センター(予定)詳細はお申し込み後にメールします

受講料 無料

当日の様子は後日動画で配信予定です。

興味のある方はこちらからお申し込みください

http://sinka-body.net/kousyuu.html

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sinka-body/20151224/20151224160755.jpg

 

中枢系は難しい?

CVAやパーキンをはじめとする中枢系の疾患は末梢系や怪我などと比べ多様な障害像があり理解が難しいため苦手意識を持つセラピストが多いようです。

実際、「もし骨折したら骨折部位が痛いだろう」「もし尺骨神経が麻痺したら小指が動かないだろう」などと想像することはできますが、共同運動パターンがみられる中枢系麻痺に関してはどうしてそうなるのかが感覚的に理解できないかもしれません。

 

中枢系に安易なROMexは禁忌です。

卒業したての新人セラピストであれば、たとえばマンウェルニッケ肢位をみて「肘の拘縮だ」と考えて肘のROMを行ってしまうかもしれません。

ですが中枢系の麻痺は単純な拘縮ではないのでどんなに愛護的に肘を伸ばそうとしても周囲の関節や筋を痛め二次障害が起こってしまいます。「なぜ、肘が伸びないのか?」をきちんと理解するのが安全で効果的な中枢リハビリの第一歩です。

動作分析が理解の根幹

患者様の体の使い方を観察分析し、どこに負担がかかり、どこをかばって動いていらっしゃるのか、そしてどのように動けばより合理的かを考えるのが動作分析です。正確な動作分析ができなければ分析も考察も行えず、あてずっぽうの治療しかできません。

逆に、動作分析をしっかり行い、自分の身体で運動を再現できれば根拠のある効果的な治療が行えるようになります。

動作分析は大変重要ですが、重要なあまり苦手意識を持ってしまうセラピストもいるようです。

中枢麻痺は『感覚的な理解』が必要

冒頭で「健康な状態では中枢麻痺の状態を想像するのは難しい」と書きました。関節や筋には問題ないはずなのに、なぜ肘が伸びないのか、なぜ指が分離できないのか、神経学的な理論を学ぶことはできてもそれがどういう状態かを感覚的に想像することはとても難しいのではないでしょうか。

中枢麻痺は見かけの姿勢だけを真似しても理解できません。みかけだけマンウェルニッケの肢位や外旋歩行をまねしても、それは肘や股関節の可動域制限がある人の真似であって中枢麻痺の動作分析にはならず、結果として正しい治療ができなくなってしまいます。

中枢麻痺の根幹は体幹と感覚

中枢麻痺の動作分析を行うためには体幹を理解する必要があります。

脊柱、体幹の運動を分析することで中枢麻痺の共同運動パターンの発生機序を理解することができ、きちんとした治療を行うことができるようになります。

感じる、体感の大切さ

中枢系に苦手意識を感じてしまうのは、感覚的、直感的な理解を経ずにいきなり理論を詰め込まれてしまうからではないでしょうか。理論だけを詰め込むのは、全く知らない町の地名を覚えるようなものです。

「共同運動パターンで動くってどういう感じ?」

「異常感覚ってどういう感覚?」

など、素朴で直感的な理解を積み重ねることで、難しい理論も自然に理解することができます。また、すでに理論を十分理解している理学療法士も感覚的な理解を体験することでこれまでの知識が統合され、さらに高度なリハビリが可能になります。

 

中枢系を理解するためのボディワークセミナーin埼玉

日時 3月17日(土)10時から16時 一回目

   7月21日(土)10時から16時 二回目

一回目と二回目は同じ内容です。

 

場所 いわつき区民センター(予定)

人数によって場所が変わることがあります。事前にお送りするメールをご確認ください。

参加資格 PT・OT・ST 学生 看護師 医師 介護士 鍼灸師 按摩マッサージ師 指圧師 整体師 ボディワーカー そのほか医療従事者など

 

お支払い方法・お申し込みから2週間以内にカードまたは銀行振り込みをお願いします。

キャンセルポリシー・少人数制のため、お申し込み後のキャンセルは受け付けておりません。ご了承ください。

定員 5名程度

 

お申し込みはこちら

http://sinka-body.net/kousyuu.html

 

セラピスト自身の身体を向上させるボディワークセミナーin埼玉 2回目開催決定です

 他の人を治しているのに、セラピスト自身の不調を放置してしまっていませんか?

 

「でも、自分の体調は治療に関係ないでしょう?」

 熱心なセラピストほど、より多くの人を治したい、よりよい手技を身につけたいと思うあまり自分の体を軽視してしまう『医者の不養生』現象に陥ってしまいます。ですが、自分が知らないことを他人に伝えることはできません。

 

セラピスト自身の腰痛、肩コリ、疲労などを軽く考えていると、自分が体調不良になるばかりか治療手技のパフォーマンスも落ちてしまうことをご存知ですか?

これは全てのリハビリ手技が『ヒトの共通構造の原理』を利用していることが理由です。

f:id:sinka-body:20170903130326j:plain

同じ種の生物は個体差はあれど基本的な構造は共通です。そのため、各関節を動かした際のベクトルも重なります。それを利用して自分の身体を動かすことで相手の身体を動かすことが全てのリハビリ手技の基本になります。

 

自分の身体パフォーマンス=治療技術

つまり、自分自身の体を向上させることが治療技術向上のために必須の基礎体力作りとなります。

とはいえ、自分自身の身体を向上させるというのは、スポーツ選手のようなすごいことができるようになることではありません。関節構造とキネティックチェーンを自分自身の身体で理解し、何が合理的な運動なのかを導き出せるようになることがリハビリにおいての身体機能向上です。

運動が苦手でも、怪我や病気があっても、変形や麻痺があっても身体を向上させることが可能です。

 

 

ボディワークセミナー 内容

上肢の3D複合運動

リハビリ手技のほとんどはセラピストの手で患者様に触ることで行います。そのため、上肢の使い方を理解することが重要です。

ROMでは計れない複合運動の見方

ほとんどのセラピストは肩や手が問題なく動くと思います。そのため、セラピスト自身の上肢の動かし方に注目する機会は少ないかもしれません。

可動域では問題なくても各関節と複合運動、ベクトルを解析してゆくと知らず知らずのうちに不合理で効果の出にくい運動パターンになっていることが患者様の拘縮や緊張につながり治療を阻害します。また負担のかかるパターンで毎日多くの患者様を治療しているとセラピスト自身の肩や腕の故障につながります。

鎖骨・第一肋骨・呼吸と連動させた上肢の使い方

呼吸時の僅かな肋骨運動を増幅させ手に伝えることで格段に繊細なタッチでハンドリングを行う方法です。

さまざまな手技を学び研鑽しても、なかなか腑に落ちない、納得いく結果に近づけないという場合には、運動学的な知見から「ハンドリングとは何か?」「ハンドリングでなにが起こっているのか?」を考えなおす必要があります。

 

複合運動を出す手技とセルフケア

他の人を治療する手技だけでなく、自分自身の身体を向上させるための評価とセルフケアについて行います。

 

他、一瞬で筋力を向上させる3Dセッティング、触っているだけで相手の体が緩む身体コミュニケーションの歯車理論、などを行います。

 

今回は物理とベクトル、3Dデータから導き出された研究に基づいたセミナーです。気功など目に見えないものは扱いません。

まず検証可能な理論のため、「やさしく触る」「のびあがるように」「気を通す」などの目に見えない感覚的な言葉が苦手な方でも理解できます。

 

 

開催情報

対象:PTOTST・その他医療従事者・学生・鍼灸師・マッサージ師・ボディワーカーなど

 

日時 1月20日(土)10時から16時

 

場所 岩槻東口コミュニティセンター(予定)

大宮駅より東武野田線岩槻駅より徒歩1分

岩槻駅東口コミュニティセンター/公益財団法人さいたま市文化振興事業団

※人数によって場所が変わることがあります。事前にお送りするメールをご確認ください。

 

受講料 12000円

 

 

 

 

お支払い方法・お申し込みから2週間以内にカードまたは銀行振り込みをお願いします。

キャンセルポリシー・少人数制のため、お申し込み後のキャンセルは受け付けておりません。ご了承ください。

定員 5名程度

 

 申し込み

お申し込みは以下のリンクから行えます。

http://sinka-body.net/kousyuu.html

 

 

その他の講習会一覧

sinka-body.hatenablog.com

距骨下関節とは?運動軸は?苦手な運動学を3Dですっきり解決

足首は立体的で複雑な関節のため、従来の紙の教科書での解説はとても難解になってしまっています。ですが立体をCGや動画で確認すれば実はシンプルな運動をしています。これらを理解することで歩行能力向上や尖足予防などを効果的に行うことができるようになります。

 

f:id:sinka-body:20170807183310j:plain

足首は長期臥床や怪我などにより痛みや可動域制限が生じやすい部位です。制限が生じると歩行に影響が出ます。

また、足首は複雑な立体構造をしているため、無理なリハビリによって二次的に障害を起こしてしまうことも多い部位です。

 

 

内返し・外返しは危険

まず確認として、教科書に載っているような安易なROMは危険です。

教科書ではこのような運動を、内返し外返しと定義していますが、これは関節運動を全く無視した運動のため無理に行うと怪我や麻痺を悪化させます。

足関節の内返し・外返しはおもに距骨下関節で起こると言われています。距骨下関節のみで内返し外返しを行ったシュミレーションがこちらです。

f:id:sinka-body:20170809095756g:plain

 角度を変えてみてみると、これがありえない動きだということが分かります。

f:id:sinka-body:20170809095932g:plain

 距骨下関節が完全に脱臼しています。このシュミレーションでは人体では不可能なほど大きく動かしているため、距骨と踵骨がめり込んでしまっています(赤い丸部分)

いわゆる足首の捻挫はこのタイプが多いです。

 

内返し外返しはバランスや歩行に必要な機能ですが、リハビリの方法を間違えると上記のような足部の脱臼を起こしてしまい二次障害が生じます。

 

 

足首は立体的に捉える。

まずは正しい運動軸を立体的に捉えるのが安全で効果的なリハビリの第一歩です。 

今回は距骨下関節について、立体的に解説していきます。

f:id:sinka-body:20170731141308j:plain

 

距骨下関節はその名前の通り、距骨の下部分を作っている関節です。

f:id:sinka-body:20170731141154j:plain

細かく調べると立方骨などとも関節していますが、まずは距骨と踵骨を結ぶ関節と考えてみましょう。つまり、踵骨を動かすのが距骨下関節です。

 

 

距骨下関節の運動軸は床から42度、足の中心線から16度傾いていると言われています。

f:id:sinka-body:20170807114012j:plain

立体的なので、ちょっと分かりにくいですね。

 

距骨下関節の運動軸を3D化してみました。

f:id:sinka-body:20170807175921g:plain

f:id:sinka-body:20170807175903j:plain

図にするとこんな位置関係です。実際に自分の足で確認してみてください。

 

 

 

このように斜めの運動軸を持つ距骨下関節を動かすと、このようになります。

 

f:id:sinka-body:20170809101436g:plain

 

 

 

 

 拡大すると各関節はこのようになっています。

f:id:sinka-body:20170809101325g:plain

距骨下関節・ショパール関節ともに関節面に沿ってうごいているため、骨がめりこむことはありません。

 

距骨下関節が動くと、旧来ROMのような単純な内がえし外がえしではなく、円を書くような複合的な運動になります。

f:id:sinka-body:20170809105711j:plain

 

 

立位バランスの低下や、階段昇降や坂道歩行ができない場合など足部の内がえし外がえしを出したい場合には距骨下関節の運動軸をきちんと意識することが大切です。

また足部のアライメントは全身に影響を及ぼすため、膝や股関節拘縮と痛み、円背、嚥下、肩コリなどほとんどすべての疾患において足首の評価とリハビリを行う必要があります。

 

 

また、内がえし外がえしは距骨下関節だけでなくショパール関節なども関わってきますので今後解説していきたいと思います。

 

 

 

sinka-body.hatenablog.com

 

 

sinka-body.hatenablog.com

 

sinka-body.hatenablog.com

 

 

 

 

足部(距腿関節)ROM時の関節状態についての3D解析

今回は主に足部の底背屈と距腿関節についてシュミレーションしました。

関節の形状や運動軸は勉強しても、運動時にリアルタイムで各関節の状態を分析するのはまだ技術的に難しいため学校でもほとんど教えてもらえません。結果として関節を痛めるROMや運動療法を行ってしまう可能性があります。

 

無闇なROMのリスク

f:id:sinka-body:20170803192845j:plain

このブログでは再三書いていますが、各関節には固有の運動軸があり、それらは教科書的な前額面・矢上面といった二次元的な方向ではなく3D上で複雑に動きます。

それら3Dの運動方向を把握せずに教科書的な旧来ROMや動作訓練を行うと、上記のような関節が脱臼した状態となり、効果が無いばかりか症状を悪化させてしまいます。

 

 

足部のおさらい

まずは足部の旧来ROMについておさらいです。

旧来ROMでは足部は底背屈、内返し外返し、内外転の三種類の運動をすることになっています。

f:id:sinka-body:20170803190203j:plain

f:id:sinka-body:20170803190234j:plain

ですが、実際にこのようなROMを行うと足部の関節を痛めます。

 

足部は大きく分けて6つの関節から構成されています。

f:id:sinka-body:20170731140842j:plain

 

足部の底背屈は主に距骨下関節で行っています。

 

今回は足部底背屈の旧来ROMを行った場合の距腿関節についてシュミレーションしました。

f:id:sinka-body:20170731141154j:plain

 

旧来ROMのような、下腿に対してまっすぐ底背屈している動画です。

f:id:sinka-body:20170803190203j:plain

f:id:sinka-body:20170803192515g:plain

横から見るとそんなに問題無いように見えますね。

 

同じ運動を正面から見てみました。

f:id:sinka-body:20170803192653g:plain

f:id:sinka-body:20170803192849j:plain

 

距腿関節の運動軸がもしまっすぐだと、距骨下関節が脱臼してしまいます。

つまり、何も考えずに『普通』のROMを行うと足首を捻挫させてしまうことになるので要注意です。

どれだけ気をつけて愛護的に行っても、どのような手技を用いても、運動方向を理解していないと悪化の原因になります。

f:id:sinka-body:20170803192845j:plain

 

距腿関節は床に対して約10度傾斜しています。

f:id:sinka-body:20170803192849j:plain

 

そのため、足部の底背屈は

  • 底屈+足部外転+足部内旋
  • 背屈+足部内転+足部外旋

を行います。

f:id:sinka-body:20170731155333g:plain

 

距腿関節の運動方向について詳しくはこちら

sinka-body.hatenablog.com

 

 関連記事

こちらは股関節の旧来ROMのシュミレーションです。

sinka-body.hatenablog.com

 

 

講習会一覧

 

sinka-body.hatenablog.com

 

水仙花整体院の場所について

講習会会場として水仙花整体院を使う場合の場所案内です。

 

水仙花整体院

大宮駅→ニューシャトル(約20分)→志久駅→徒歩20分

 

 

 

f:id:sinka-body:20171110190839j:plain

電車の場合

大宮からニューシャトルで志久駅

駅階段を降りて右側、線路を左に見ながら約40m直進

f:id:sinka-body:20171110191843j:plain

 

 

f:id:sinka-body:20171110192045j:plain

一つ目の交差点を右折

 

約500m直進、T字路に突き当たります

f:id:sinka-body:20171110192326j:plain

T字路を右折

 

f:id:sinka-body:20171110190833j:plain

小室交番とラーメン一代元さんの間の信号を小室小学校方面に直進

 

f:id:sinka-body:20171110190824j:plain

一つ目の信号を左折

右手に工務店の白い建物、左手に資材置き場があります。

 

f:id:sinka-body:20171110190821j:plain

一つ目の交差点を左折

 

f:id:sinka-body:20171110190814j:plain

白い建物です。

 

距腿関節、距骨下関節とは?苦手な人必見・3Dで丁寧に解説!足首の骨格構造のまとめ

今回は運動学や解剖学が苦手、教科書を読んでもイメージができないというセラピストのための懇切丁寧な解説です。運動学も解剖学も、文字ばかりの教科書だと難解に感じますが、動画と3Dで見れば直感的に理解できます。

 

 もくじ

 

 

 

足首のROMは危険!

健康な足首はなめらかに自由な方向にぐるぐるまわりますが、足首を構成する一つ一つの関節に注目すると実は自由度も可動域もそれほど大きくありません

小さく動く複数の関節が同時に動くことで、足首全体としては大きな可動性を持っています。

f:id:sinka-body:20170731151443p:plain

これを理解せずに「足首は可動性が高い」と思ってしまい無理なROMを行うと足首を痛めます。足部は地面と設地する唯一の部分のため、怪我や変形が起こると代償ができずADLに大きな制限を与えてしまいます。そのようなことにならないように、足部の各関節についてきちんと勉強する必要があります。

 

 

 

 

今回は、重要&必須だが難解な足部を構成する骨と関節についての基本を3Dと動画で直感的に分かるように解説していきます。

 

足部の骨

まずは足を構成する骨についてのおさらいです。

このあたりは理学療法作業療法士の国家試験にも出る部分なので暗記している人も多いとは思いますが、臨床で応用できるレベルまで理解できている人は案外少ない部分です。

足部の骨格をシンプルな模式図にするとこのようになっています。

左足を外側から見た図です。

f:id:sinka-body:20170731140842j:plain

足首の部分は下腿を構成する脛骨、腓骨、足根部を構成する距骨、踵骨、舟状骨、立方骨、楔状骨、と合計9個の骨があり、それぞれが関節を構成しそれぞれに独自の運動軸を持ちます。とても複雑で立体的な構造をしています。

 

距骨は内果と外果の真下にあるため、外からは触りにくく意識しにくい位置になっています。

f:id:sinka-body:20170731142416j:plain

距骨が作る関節

まずは足首の可動を作るための距骨に注目したいと思います。

f:id:sinka-body:20170731141154j:plain

距骨の上が距腿関節

距骨の下が距骨下関節

と呼ばれます。

 

 

 

立体的にみるとこのような位置関係です。

クリックすると動画がはじまります

f:id:sinka-body:20170731141407g:plain

 

 

 

f:id:sinka-body:20170731141308j:plain

 

 距腿関節の運動

 距骨の上側と下腿をつなぐ距腿関節は足首の底背屈を行います。しかし、運動軸が少し複雑なため、単純な底背屈ではなく複合運動となります。これを理解せずに足首のROMを行ってしまうと関節を痛めるので要注意です。

 

 距腿関節の運動軸

 距腿関節は運動軸は前額断面から約20°後方へ傾き、横断面から約15°下方に傾いていると言われます。

f:id:sinka-body:20170731150417j:plain

 

このような教科書的な図だけだと分かりにくいので、もう少し分かりやすく図式化してみます。

 まずは距腿関節と全身の位置関係です。

距腿関節の運動軸は 内側上前方→外側下後方 という位置になっています。

f:id:sinka-body:20170731152006j:plain

 CG化して様々な方向からみてみました。

f:id:sinka-body:20170731153328j:plain

↓ クリックすると動きます

f:id:sinka-body:20170731153747g:plain

 

 このように運動軸が少し斜めになっている距腿関節がどのように動くかをシュミレーションしてみました。

まずは外側から見た運動です。

クリックすると動きます

f:id:sinka-body:20170731154527g:plain

外側から見ると普通の底屈・背屈とほとんど変わりなく見えます。

 

しかし、正面からみると違いがよく分かります。

クリックすると動きます

f:id:sinka-body:20170731155333g:plain

距腿関節は 

  • 背屈時に外反
  • 底屈時に軽度内反

です。足首を曲げると足は外側を向きます。足の裏が内側に向くとも言えます。

 

 

他動で距腿関節背屈のROMを行う場合は、まっすぐ曲げるのではなく、母指側を少し大きく曲げるイメージです。

自動で背屈を行ってもらう場合は「つま先を外側に向けながら足首を曲げてください」「足の裏を内側に向けながら足首を曲げてください」などと言うと伝わりやすくなります。

 

 これを理解すると、足部の底屈制限や背屈制限、尖足などの異常歩行につながる可動域制限の治療に役立ちます。運動軸をイメージするのが少し難しいですが、きちんと理解するとこれまでどんなにがんばっても動かなかった足首がするりと動き、歩行が変わるのでがんばってみてください。

 

骨のイメージだけでは難解になるが…

骨格をしっかり捉え、3Dで運動方向をイメージすることがROMを行う最低条件です。これができなければセラピスト失格!というくらい重要です。

ですが、距腿関節は内果外果の真下にあるため触りにくく、骨格だけをイメージして正しい運動方向を探すのは慣れない人には難しいかもしれません。そういう場合は筋から捉えると上手くいきます。

距腿関節の3DROMで足関節拘縮を治す方法は近日公開予定です。

 

 

 

 

 

 関連記事

sinka-body.hatenablog.com

 

 

sinka-body.hatenablog.com

 

 

sinka-body.hatenablog.com

 

 

 

【大阪】もう一度はじめる 肩関上腕リズム  

肩関節の立体運動

肩甲上腕関節は股関節と同様、自由度の低い関節です。

自由度の低い肩関上腕関節ですが、胸鎖関節や体幹の代償動作を組み合わせることで上肢の様々な運動が可能になっています。

肩関節の複合運動といえば肩甲上腕リズムが有名ですが、実際には肩甲上腕リズム以外にも様々な複合運動が肩関節の可動に関与しています。

  • 肩甲ー上腕リズム
  • 肩甲ー鎖骨リズム
  • 鎖骨ー胸骨リズム
  • 胸骨ー肋骨リズム
  • 肋骨ー脊柱リズム
  • 脊柱ー脊柱リズム

これら全身の微細な複合運動をきちんと評価し、改善してゆけるようになるための講座です。

肩関節はもっと治せるかもしれません

正しい運動方向を理解さえすれば、肩関節は治りやすい部位です。

肩関節の骨形状から導き出される正しい運動方向を理解すると、これまで改善不可能だと思われていた肩関節の拘縮や痛みも改善が可能になります。

 何十年も苦しんでいたひどい肩の痛みが治った

 様々な治療を試したが治らなかったしびれが治った

 あきらめていた運動ができるようになった

など、これまで治らなくても仕方ない言われてしまっていた多くの方のために、ぜひ多くのセラピストに肩関節の正しい立体運動を学んでほしいと思います。

 

 

 

■内容
基礎編
・肩甲骨、上腕骨の模型作成
・模型を使って基本の触診の復習
・教科書的な肩関上腕リズムの復習
・肩関節全体の自由度は高いが、肩甲上腕関節の自由度は低い理由
実践編
・肩関上腕リズムの実際
・肩関節の可動域改善方法
・肩の痛みの原因の特定方法
ケーススタディ
など。

 

日時

対象:PTOTST・その他医療従事者・学生・鍼灸師・マッサージ師・ボディワーカーなど

 

日時 10月14日(土)10時から16時

 

場所 此花区民センター(予定)

人数によって場所が変わることがあります。事前にお送りするメールをご確認ください 

 

受講料 12000円

お支払い方法・お申し込みから2週間以内にカードまたは銀行振り込みをお願いします。

キャンセルポリシー・少人数制のため、お申し込み後のキャンセルは受け付けておりません。ご了承ください。

定員 5名程度

 

 申し込み

以下のリンクからお申し込みください

http://sinka-body.net/kousyuu.html

 折り返し受け付けメールをお送りします。

 

 

同時開催

sinka-body.hatenablog.com

 

 

関連記事

 

sinka-body.hatenablog.com

 

 

sinka-body.hatenablog.com

 

 

sinka-body.hatenablog.com